王者比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が1回KO撃破で、日本記録に並ぶ15連続KO勝利を飾った。元2階級制覇王者で挑戦者の同級9位モイセス・フエンテス(30=メキシコ)を左2発からの右ボディーストレートでダウンを奪取。1回2分32秒、KO勝ちで2度目の防衛に成功し、沖縄で日本人初の世界戦勝利を挙げた。同郷の元WBC世界スーパーライト級王者浜田剛史らの持つ日本記録に並び、新記録に王手をかけた。
沖縄の血が、故郷で騒いだ。ゴング直後から凱旋(がいせん)試合の重圧を払いのけるように攻めた。強烈な右ストレートをヒットさせた比嘉は残り1分から左フック、左アッパー、最後は「きれいに入った」という右ボディーストレートをねじ込んだ。前のめりで倒れたフエンテスの口からマウスピースが落ちた。
セコンドの具志堅会長が「もう終わったの? 参りましたよ、大吾くん」と驚いた、わずか152秒のKO劇。37年前、沖縄での14度目の防衛戦に敗れた師匠のリベンジを果たした比嘉は「倒すと言って臨んでいたので格好いいな、と思いました」と自画自賛した。観客からわき起こった指笛を耳にし「うれしくて涙が出そう」と感慨に浸った。
具志堅会長らの昭和時代とは違う雰囲気が漂う現在の沖縄。「今の沖縄は何不自由なく、何もかもそろっているので、昔のハングリーさを失っているかも。自分の試合で何か見て感じるものがあれば」。試合3日前、脱水症状寸前で「足がしびれる」と訴えた。野木トレーナーの指示で、紙コップ2杯の水を30分かけて飲んだ。食事はパイン2切れのみ。前夜は一睡もできなかった。過酷な状況を乗り越えた圧勝劇で、ハングリーさも示した。
これで同じ沖縄の浜田氏らと並ぶ15連続KO勝ちの日本記録をマークした。過去、世界戦を含めて達成した選手はいない。デビューからの全KO勝ちでの達成も比嘉が初めてだ。
「浜田さんの記録に並べて光栄です。KOがなければ自分はただの世界王者。特別な王者になるために、KOを狙います」
会場に集結した沖縄出身の世界王者5人に見守られた中、KO新記録に王手をかけた。無傷のため、V3戦は今春にも組まれそうだ。ボクシング王国・沖縄の系譜を継ぐKOキングが、グレートなサクセスストーリーを刻み続ける。

■比嘉大吾の持ち味はコンビネーション
王者比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が1回KO撃破で、日本記録に並ぶ15連続KO勝利を飾った。元2階級制覇王者で挑戦者の同級9位モイセス・フエンテス(30=メキシコ)を左2発からの右ボディーストレートでダウンを奪取。1回2分32秒、KO勝ちで2度目の防衛に成功し、沖縄で日本人初の世界戦勝利を挙げた。
比嘉の完璧で理想的なKO防衛だった。最後は左アッパーで上体を起こして、そこへ右ストレートをボディーに打ち込んだ。このパンチをコンビネーションで出すのはなかなか難しい。しかもこれで試合を決めた。言うことのない試合になった。
比嘉は攻撃的で、分かりやすく、面白い。ただラッシュでなく、コンビネーションにいいものがあり、一戦ごとに成長している。今はたくさんの世界王者がいる中で、いかに個性を出せるか。比嘉には何よりも攻撃という個性がある。
今回は地元沖縄、KO記録とプレッシャーがかかった。さらに過去2戦は減量でパニックになったりして、試合前はナーバスだった。いつもと違う場所でもあり、心配だった。序盤はプレッシャーをかけられ、右クロスやカウンターをもらったが、すぐに攻勢に転じて吹き飛ばした。
15連続KO。それも唯一のデビューからで世界戦を3試合含み、すごい記録で価値あるもの。記録を伸ばしてほしいが、次からは逆にKOを意識しないこと。力まずにスピードでいけば、結果もついてくる。

■比嘉大吾一夜明け 具志堅用高会長と恋人宣言!?
プロボクシングWBC世界フライ級王者比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が、師匠の具志堅用高会長(62)と恋人宣言!? 
4日に沖縄凱旋(がいせん)試合となる2度目の防衛戦で、日本記録に並ぶ15連続KO勝利を飾った比嘉は5日、那覇市内のホテルで一夜明け会見に臨んだ。宿泊先のプールサイドで具志堅会長とともにカクテルジュースを飲み、日本人で初めて沖縄の世界戦で白星を挙げたことを祝った。
「なんかハワイに来ているみたいですね。ハワイに行ったことないですけど」とジョークで笑いを誘った比嘉は、具志堅会長のグラスにストローが2本あることを確認すると「会長、一緒に飲みますか」と恋人同士のように飲み干した。まんざらでもなかった具志堅会長は「大吾、これで当分、恋人はできないだろうなあ」と苦笑いを浮かべた。
今月24日(日本時間25日)にフライ級、スーパーフライ級の世界王者を集めた興行「Superfly2」(米イングルウッド)を視察し、米ロサンゼルスで初めて合宿を行う予定。5月に予定される指名試合となる3度目の防衛戦で、日本新記録となる16連続KO勝利を狙う。

■フエンテス「納得がいかない」
王者比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が1回KO撃破で、日本記録に並ぶ15連続KO勝利を飾った。元2階級制覇王者で挑戦者の同級9位モイセス・フエンテス(30=メキシコ)を左2発からの右ボディーストレートでダウンを奪取。1回2分32秒、KO勝ちで2度目の防衛に成功した。
モイセス・フエンテス 2度と立ち上がれないような倒れ方ではなかった。(負けは)納得がいかない。打ち合いを想定していたが、比嘉は足を使ってきた。世界王者なので確かにハードパンチャーではあった。

■比嘉1回で決めた日本タイ15連続KOで2度目防衛
WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が15戦全勝全KOで2度目の防衛に成功した。同級9位の元2階級制覇王者モイセス・フエンテス(30=メキシコ)を1回KOで下した。
立ち上がりはフエンテスが積極的に放つジャブを食らう場面もあったが落ち着いて対応。連打はもらわなかった。1分30秒過ぎ、左フックでフエンテスをぐらつかせ、右フックで動きを止めた。残り30秒、左の連打からガードが空いた腹に右ボディーをたたき込み、マットにひざまずかせた。
14年6月のデビューから続く連続KO勝利も更新。同じ沖縄出身の世界王者・浜田剛史(帝拳)らの日本記録に並んだ。

■比嘉大吾、師匠の敵討ち
プロボクシングWBC世界フライ級王者比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)が具志堅用高会長(62)から因縁のアイスを託され、師匠のリベンジに燃えた。今日4日、故郷での2度目の防衛戦(沖縄県立武道館)に備え、3日に那覇市内で、同級9位の元2階級制覇王者モイセス・フエンテス(30=メキシコ)と計量に臨んで一発クリア。計量後、同会長に贈られた沖縄名物ブルーシールの紅いもアイスを食べ、減量で疲労した肉体を回復させた。
沖縄での世界戦は81年3月、具志堅会長が14度目の防衛戦で敗れて以来、37年ぶり。当時、計量後に大好きなアイスを食べられなかったことを敗因に挙げる“具志堅伝説”を知る比嘉は「会長が食べられなくて負けた理由が分かります。最高です。敵討ちで食べました」と笑顔。具志堅会長も「37年前のアイスが昨日のことのように思われます。あの時、アイスを食べていたら20回は防衛できていますから」と思いを託した。
試合当日、沖縄出身の歴代世界王者6人中、渡嘉敷勝男氏を除く5人が来場予定だ。元WBC世界スーパーライト級王者浜田剛史らの持つ15連続KO勝利に並ぶ大事なV2戦。比嘉は37年分の師匠の思いを胸に沖縄の血をたぎらせてリングに立つ。

■比嘉大吾 具志堅用高会長は「もう終わった」
狙って、奪ったKO劇だった。王者・比嘉大吾(22=白井・具志堅)が、挑戦者で同級9位のモイセス・フエンテス(30=メキシコ)を1回2分32秒にKOで下し、2度目の防衛に成功。積極的に前に出てくる挑戦者はかっこうの獲物だった。
立ち上がりの1回、比嘉は右ボディーストレートであっけなくキャンバスに沈めた。「高いお金を払って1ラウンドで終わってすみません。TV局の皆さんもすみませんでした。倒すと言って臨んだので、やっぱかっこいいですね。持ってる男ですね」。激闘の傷跡もなければ、汗もほんのわずか。15戦連続KO勝利は86年の元WBC世界スーパーライト級王者・浜田剛史(帝拳)、07年の牛若丸あきべぇ(協栄)の日本最多記録に並ぶ史上3人目の快挙となった。
沖縄での世界戦開催は所属ジムの会長で、同県石垣島出身の具志堅用高会長(62)が現役時代の81年にWBA世界ライトフライ級タイトルマッチでペドロ・フローレス(メキシコ)に12回KO負けで、同王座の14連続防衛に失敗して以来。同県浦添市出身の愛弟子がその無念を晴らした。そんな比嘉に具志堅会長は「もう試合が終わった」とおどけ、潤んだ目を隠した。
これでプロデビューから15連続KO勝利。「KOがなければただの世界王者。特別な王者になるためにもこれからもKOを続けたい」と比嘉。22歳のチャンプはまだまだ記録を伸ばし続ける。