現在は日本銀行大阪支店になっています。

 

【概要】

金銀分析所の経営維持を図るため金銀の入手が必要となり、五代友厚は鉱山業を手掛けることとなりました。

大和国天和鉱山の開発に着手したのを手始めに、

赤倉銅山、栃尾銅山、駒帰村辰砂鉱、峯谷銀山など次々と開坑していったのですが

鉱山経営の規模拡大を図るため資本金数十万円を投じて大阪に弘成館を創設しました。

明治6年(1873年)のことです。

 

【住所】

大阪府大阪市北区中之島2-1-45