So the inevitable has happened, F1 gridgirls have been banned. Ridiculous that women who say they are “fighting for women’s rights” are saying what others should and shouldn’t do, stopping us from doing a job we love and are proud to do. PC gone mad
F1のグリッドガールは禁止されます。 「女性の権利のために戦っている」と言っている女性たちは、他人がやってはいけないことを言い、私たちが愛する仕事をするのをやめさせ、誇りに思っています。
f1d65b61

「男性と女性の立場を平等にしたい」←わかる

「男性の仕事を女性でもできるように」←わかる

「とにかく女性の立場だけを向上させたい」←ちょっとわからない

「女性が美を売りにするのは女性差別だ!!!」←わからない

「てことで美を売りにするレースクイーン廃止だ!!!」←意味不明

■F1がレースクイーンを廃止へ、女性蔑視との批判の声
F1がレースクイーン廃止を発表!「現代の社会規範に適さない」
フォーミュラ1の公式サイトは「フォーミュラ1(以下F1)はレースクイーン起用を中止する」との声明を出した。「F1は、2018年のグランプリシーズンの開幕にあたり、レースクイーンを起用してきた長年の慣例を終了させる。この変更は、グランプリ週末に行われる他のモータースポーツ競技にも当てはまる」との声明を発表した。
これまでは、レース前のグリッドの時間などを使って、レースクイーンが、大会プロモーターやスポンサーの広告宣伝活動を手伝い、華やかで魅力的な光景をF1グランプリにもたらしてきたが、近年、「女性蔑視ではないか」という社会的な批判の声が強まっていた。
F1商業部門のショーン・ブラッチス運営責任者は、「この素晴らしいスポーツ競技に、我々のビジョンをより反映させるため、変更を必要と感じるいくつかの分野を検証してきた。レースクイーンの起用は、F1グランプリにとって数十年にわたって定番となってきたが、この慣習は我々のブランド価値に合うものではなく、現代の社会規範と、かけ離れていると感じている。この慣習は世界中の長年の、また新しいファンを含め、F1に適しているとは思えない」とレースクイーンを廃止した理由を説明している。
英国でスポーツにおける女性の立場を支援しているWomen’s Sports Trust社は、この発表を受けて「レースクイーンの起用中止を決断したF1に感謝します。別のスポーツ競技も、どういう動きをすればいいのかについての明確な判断を下してくれました」とツイッターで声明を発表している。

女の敵は女!