田島弥平旧宅
_DSC3601.jpg
wiki>田島弥平(1822年 - 1898年)は『養蚕新論』(1872年)、『続養蚕新論』(1879年)を刊行した佐位郡島村(現伊勢崎市境島村)の養蚕業者、蚕種製造・販売業者である。明治初期に広く行われた蚕の養育法である「清涼育」を確立し、自宅の主屋2階および納屋を蚕室として改築し、その実践に努めた。彼は単に育成法を確立しただけでなく、それに適した蚕室構造も確立し、著書などを通じてその普及にも寄与した。
_DSC3602.jpg

住人がいるので見学範囲に気をつけてね 日本語だけじゃダメじゃないかな
_DSC3603.jpg

_DSC3604.jpg

主屋
_DSC3605.jpg

冷蔵庫跡
_DSC3606.jpg

新蚕室跡
_DSC3607.jpg

主屋と新蚕室がかつては繋がってたのかも もしくはただの月見櫓的な…?
_DSC3609.jpg

_DSC3610.jpg

_DSC3612.jpg