鶴竜が3連敗の大失速。左から張って入ろうとしたが、御嶽海の喉輪を受けてずるずると後退。「(楽に)勝とうとしている。集中していないから、ああいうことをする」と悔やんだ。
4場所連続休場明けの今場所。初日から着々と白星を並べ、復活優勝も視野に入った直後、引く悪い癖が出て相撲が乱れた。トップの栃ノ心とは星二つの差となり、逆転は厳しい状況。「とにかく悪い流れを断ち切りたい。もう一度思い出して、自分の相撲を取って終わりたい」と元気なく言った。
855b5_759_46852e4d_eb137d1d-cm