世界遺産荒船風穴
_DSC3376.jpg
wiki>江戸時代末期の開港以来、生糸や蚕種は日本の重要な輸出品となっており、明治時代に製糸業が発達すると、原料となる繭の増産が求められるようになった。しかし、蚕は基本的に春に孵るので、増産のためには蚕種が孵る時期を遅らせ、夏や秋に養蚕する数を増やす必要が出てくる。そこで活用されたのが風穴であった。


観光ガイドも常駐してます
_DSC3377.jpg

3号風穴
_DSC3378.jpg
穴の写真手前がスロープになっていて中に出し入れする構造のようです

_DSC3379.jpg

下側からアプローチ
_DSC3380.jpg

_DSC3381.jpg

_DSC3382.jpg

_DSC3383.jpg

_DSC3384.jpg

_DSC3385.jpg
石垣の隙間から冷風が出てくる仕組み

2号風穴は4.1℃
_DSC3386.jpg
穴の中だけでなく、この周辺もだいぶ涼しいです。

_DSC3387.jpg

算木積
_DSC3388.jpg