ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が、異例の連戦希望を明かした。

 15日、静岡・熱海での合宿を打ち上げ。冬の砂浜での練習を終えると、寒さの中で言葉がひときわ熱さを帯びた。「新しい挑戦になりますが、チャンスですし、出たい」。話題は今後の試合日程。希望したのは、来年2月24日に米国で計画される興行「Superfly2」出場だった。年末には国内で7度目の防衛戦が控え、近日中に発表見込み。試合間隔は2カ月弱になるが、「挑戦」ととらえた。

 米国での興行は、スーパーフライ級の一線級が会した今年9月の「Superfly」の第2弾になる。井上はその舞台で米国デビューを飾り、6回終了時の相手棄権による圧勝で「モンスター」のすごみを見せつけた。本場ファン、関係者に鮮烈な印象を残したからこそ、「もう1回あそこで戦いたい」。

 本場の興行主も参戦を熱望していたが、問題は日程だった。12年にプロデビューしてから14戦し、試合間隔はデビュー戦から第2戦までの95日が最短。そもそも、世界王者が2カ月で2試合を行うこと自体があまりない。ただ、「期間は短いですけど、問題ない」。減量開始時期など、短期間仕様に合わせていく。年末の試合でもダメージがない勝利が求められるが、「それはモチベーションにもなる」と気概を感じさせた。

 この日、恒例の肉体強化合宿を終えた。4日間で体をいじめ抜き、「試合に向けての気持ちのスイッチが入った」とすがすがしい顔をのぞかせていた。また新たな壁を越えるため、オン状態で突っ走る。【阿部健吾】

 ◆「Superfly」(9月9日、米カリフォルニア州カーソン) スーパーフライ級の強豪が集結。重量級が人気の米国では近年は軽量級への関心が高く、象徴的な興行となった。井上はオファーを受け、いきなりのセミファイナルで登場し、挑戦者の同級7位アントニオ・ニエベス(米国)と対戦。ダウン経験のない相手から5回にダウンを奪い、6回終了時に棄権に追い込んでV6を達成した。他にWBC王者シーサケット、元4階級王者ゴンサレス、元WBC王者クアドラス、元WBA、WBOフライ級王者エストラーダが参戦した。

井上尚弥「12月30日も…」
プロボクシングWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が12月30日に横浜文化体育館で、同級7位ヨアン・ボワイヨ(29=フランス)と7度目の防衛戦に臨むことが16日、発表された。同日に都内のホテルで会見に出席した井上は4年連続となる年末恒例の世界戦に向け「17年はいい試合が続いているので、12月30日も井上尚弥らしい試合をみせたいと思います」と抱負を口にした。

 対戦相手のボワイヨは現在30連勝中で、攻撃的な右ボクサーファイター。「また(来年)2月に米国で(試合)という話もあるので、そこに向けてという意味でも、またいい試合を見せられたらいいなと思います」と口にした。

 9月9日に米カリフォルニア州で開催された同じ階級の強豪が集う「Superfly」に参戦。アントニオ・ニエベス(米国)に6回終了KOで下して以来の防衛戦となる。井上が出場意欲を示す米国での2月24日の興行は「Superfly2」という同じシリーズの興行となる。わずか2カ月弱での連戦の防衛戦となるが、大橋秀行会長は「尚弥本人がぜひ出たいと。その意向は向こうのプロモーターに伝えてある」とサポートを約束した。

 井上は「今は12月30日の試合のことだけを考えている。試合が待ち遠しいです」と、気持ちを高揚させていた。

拳四朗「名前知ってもらいたい」
WBC世界ライトフライ級王者拳四朗(25=BMB)の2度目の防衛戦が16日に発表された。12月30日に横浜文化体育館で、同級8位ヒルベルト・ペドロサ(25=パナマ)を迎え撃つ。WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)のV7戦と、ダブル世界戦でのセミファイナルとなった。

 V1に成功した10月22日から、約2カ月での試合となる。話が来たのは10日前で、試合まで2カ月を切っていた。当初は来年2月ごろを予定していた。ロードワークや軽いジムワークは始めていたが「ちょっと複雑。祝勝会続きの最中だったし、体重も戻っちゃったし」と拳四朗は顔を曇らせた。

 ただし、最大のチャンスでもあった。「名前を知ってもらって有名になりたい」と常々言ってきた。過去世界戦2試合はトリプルの第1試合で、テレビの生中継がなかった。「三度目の正直。年末でテレビが生中継なのが最大のモチベーション。たくさんの人に見てもらえるのでワクワクする」と目を細めた。寺地会長も「ゆっくり年を越したかった」が本音も「前回12回戦ってもダメージはなかった。チャンスはチャンス」と即決した。

 相手は右のファイターに、拳四朗は「来てくれれば当てやすい」と歓迎する。これまで2カ月間隔での試合も3度こなしている。過去世界戦2試合はいずれも12回判定勝ち。「KOはこの時にとっておいた。KOで勝ってインパクト与え、名前を知ってもらいたい」。12月は京都から上京して本格スパーリングに入り、世界戦初のKOへパンチに磨きをかける。