gate-14-459.jpg

gate-14-454.jpg

gate-14-465.jpg

gate-14-466.jpg

昼行灯大爆発。
ピニャ配下の薔薇騎士団には無抵抗でボコられた伊丹。
こちらから手は出せないと無抵抗を貫いたのは立派だがチト情けなかった。
しかし自国民を拉致して奴隷のように扱っていたとなれば話は別です。
いきなり皇子を殴りつけると、
各自の判断で撃ってよし。
レンジャーや特戦に居た時ってこんなだったんだろうか。
リミット超えると迷いなく実力行使に出ましたね。

gate-14-267b.jpg

日本人の地震耐性は異常。
異世界人… この世の終わりだ!
日本人…結構あるな…震度4ぐらいか。
外国人ならやっぱりビックリするんでしょう。 
日本人は震度5以上じゃないと慌てない気がする。
その落ち着き払った態度にピニャ、唖然としながらも協力要請。
まさかの皇帝謁見です。

仮にも戦争中の敵同士なんですが…と躊躇う伊丹達。
ともかく来てくれと必死なピニャ。
どうやら不安で不安でしょうがないみたい。
為政者だからかと思ったら乙女だった様で。
てっきりBL方面に突っ走ってしまうと思われたピニャですが、伊丹争奪戦に参加するんだろうか。
まあそんな冗談言ってられない事態になったんですがね。

gate-14-541b.jpg

何故皇子が地震に詳しいのか。
捕らえた日本人奴隷が教えたものだった。
その姿を見て一瞬で伊丹達の血が沸騰しましたね。
自国民が人間以下の扱いを受けている。
ある意味殺人以上に嫌悪感を掻き立てられます。

タガの外れた伊丹が栗林のリミッターを解除。
腹立たしいけど仮にも帝国の皇子だから指を加えて見ていることしか出来ないだろう。
助けを求める日本人奴隷を見逃すのは悔しくて悔しくて堪らないだろうな。

そう思っていたら躊躇なく皇帝の前で皇子を殴り倒し、部下を殺しまくりましたね。

gate-14-624b.jpg

お前も抑圧されてるんじゃなかったのか!?
皇子に対し、栗林の容赦無い鉄拳が炸裂。
そして伊丹が銃口を突きつける。
皇子の命は風前の灯…と思ったら庇ったのが前回SMプレイ?を強要されていたウサミミの族長。
むしろ一緒になって殴りたいんじゃないの?
そう思ったら彼女、本気で皇子に入れ込んでいる模様。
それとも今はまだ本性を表すべきではないと従順を装っているのか。
まだ彼女の本音は見えてこない。

gate-14-688.jpg

gate-14-734.jpg

菅原の対応も素晴らしい。
平静を装っていますが、
・歓迎会は拉致された日本人が全員戻ってから。
・平和とは次の戦争の準備期間である。
・国民を大事にする、皇帝いわく弱点をこそ国是としている。
・こちらは帝国以上の血塗られた歴史の上に成り立っている。

一歩も引きませんでしたね。
伊丹の相方として実に頼もしい限り。
更に拉致の報復として爆撃を敢行。
権力者というものは、一般市民の家が炎上したところで眉ひとつ動かしませんが、政府関係の建物が破壊されると血の気を失うものです。
(「銀河英雄伝説」ウォルフガング・ミッターマイヤーの台詞)
これを忠実に実行した訳ですね。

gate-14-1245.jpg

gate-14-1282.jpg

ノリコ悲惨…。
こうしで救出された日本人奴隷・ノリコ。
彼女は帝国がゲートを偵察した極初期に拉致された人物だそうです。
ようやく助けだされて恋人や家族に会いたいと思うのは当然でしょう。
しかし伊丹や皇子が知ったその後の話が、
1.恋人ヒロキは一緒に拉致された後鉱山奴隷として売られ事故死。
2.家族はノリコを探してビラ配り中「銀座事件」に遭遇。
3.本人は皇子の「お情け」という名の陵辱を受けた。

未だ知る由もありませんが、知ったら気が狂っちゃうんじゃないだろうか。
果たしてどうフォローするのか気になるというか色々怖いですね。

次回はゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第15話 『テュカ・ルナ・マルソー』です。

公式サイトウィキペディアニコニコ大百科公式Twitter(#gate_anime )