ネムルバカ・響子と父さん」(感想
(著)石黒 正数

同著者の『木曜日のフルット』を下の娘が気にいっていたので
この作品も読ませてみたのですが
・・・まだ早かったみたいです。
(小学生にはまだ、無理か・・・)

『響子と父さん』の父さんのキャラクターも凄く好きで
こういう、少々だらしが無くて、頑固で、いい意味でおバカなお父さんになりたいものです。