頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も!      ・・・身近な希望と幸福を大切に、一歩一歩、前進を!


よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m









【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】  




【知人の塾で、「カヤの外って、どういう意味?」って話をしていて、「あなたたち、もう『カヤ』なんて知らないものね~」って言ったら、ひとりが、「知ってるよ。モスキート・ネットのことでしょ?キャンプで使うよ」だって。(~_~;<そうか~、今はそういうのか。(調べてみたら、本当にそうだった。^^;)モスキートネットって、そのままやん!(@@)てか、蚊帳の方が短くてわかりやすくない?> 
 そんな中、ひとりの子が「え?『かや』って『家屋』なんじゃないの?私、ずっと、そう読んでた」<チョット微笑ましい感じもするけど。でも、やっぱチョット困るかな?(~_~;)
 ちなみに、英語では、out of the loop、left (out) in the coldと言うらしい。「loop=ループ、輪」】


* * * * *


 12日に史上初の米朝会談が、とりあえず実現して、やれやれというところなのだが。


 ただ、非核化に関して、共同宣言に”完全かつ検証可能で不可逆的な核放棄”(CVID)が明記されなかったことに、疑問や批判を呈する国が少なくない様子


<C Complete(完全)V Verifiable(検証可能)I Irreversible(不可逆)D Denuclearization(非核化)・・・今日は英語の勉強になるぞ(?)^^;>


 トランプ大統領は、12日の会見で「協議の時間が十分になかった」「非核化には時間がかかる」などと言って、ごまかしていたのだけど・・・。
 そのくせに、非核化の費用は「日本と韓国が出す」と公言しちゃったりして。<アメリカのお財布じゃないんだよ!日本国民の税金だよ!(・o・)>


 結局、mewは、あのトランプ氏の言葉をきいて、一体、安倍首相&日本スタッフは、米国との間で、どんなお約束をしているのか、ますます気になっている。 _(。。)_


<結局、日本はお財布として利用されるだけ利用されちゃうってかんっじがしません?(-"-)>


* * * * *


『日本政府クギ刺し、トランプ氏に利かず 落胆の声も


 安倍晋三首相は米朝首脳会談でトランプ米大統領が拉致問題を提起したことを受け、日朝首脳会談への意欲を重ねて示した。トランプ氏との「日米一致」を掲げてきただけに、非核化をめぐるあいまいな文書も評価せざるを得ない立場だが、日朝の対話は見通せない面もある。


トランプ氏「非核化費用は韓国と日本が」


 首相は12日夕、シンガポールでトランプ氏の記者会見が続いている最中に、首相官邸で記者団の取材に応じた。「朝鮮半島の完全な非核化に向けた、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の意思を改めて文書の形で確認した。北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けた一歩だと支持する」と語り、共同声明を高く評価した。さらに同日夜にトランプ氏と電話で約30分間協議し、米朝会談の説明を受け、今後の対応を協議した。


 だが、首相が評価した共同声明には、肝心の非核化について、日本政府がこれまで主張してきた非核化の具体的な期限や「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)との文言はない。北朝鮮政策に携わってきた日本政府関係者からは「非核化が骨抜きになる」「ゼロ回答だ」と落胆する声が上がった。


 日本政府は米朝首脳会談の現地にまで谷内(やち)正太郎・国家安全保障局長や外務省の金杉憲治アジア大洋州局長を送り込み、米側と北朝鮮の事前協議のすり合わせ作業に深く関わった。トランプ氏が安易な合意に流れないようクギを刺す狙いがあったが、もくろみ通りにはいかなかった。
(朝日新聞18年6月12日)』


* * *  * * *


 安倍首相が、4月、6月の訪米の際も、何回かの電話でも、トランプ大統領に最も強く要請して来たのは、「絶対に日本の拉致問題の話をしてくれ」「金委員長に自分(安倍首相)と会う機会を作るように働きかけてくれ」の2つだろう。


 安倍首相にとって拉致問題はライフワークであるし。また、支持率が低下し始めた今、総裁選に3選するには、日朝首脳会談の実現と拉致問題の解決が必要不可欠になるからだ。(**)


 春になって、北朝鮮を巡る外交の流れが急変。北朝鮮は、次々と周辺各国との協議に応じるによって、4月に韓国と歴史的な南北会談を実現。5月には中国と首脳会談、そして今月、米国と首脳会談を実現するに至った。(++)
 また、先月には、ロシアのラブロフ外相が訪朝しており、近いうちにロシアとの首脳会談を行なうことを決めたという。(・・)


 こうして、北朝鮮と周辺諸国で作った六カ国協議に参加する国で、もはや北朝鮮と首脳会談を行なう予定がないのは、日本だけになってしまったのだ。(~_~;)


 北朝鮮のような国との外交、交渉では、様々なルート、チャンネルを開いて、パイプを作らなければならないのに、安倍首相は、小泉政権や民主党政権のそのようなやり方を嫌って批判。そのため、自分はほとんどパイプがないのが実情だ。(-_-;)
 
<14年5月、安倍首相が緊急会見を行なって、「北朝鮮が拉致問題に関して、包括的全面調査を行うことを約束した」と、いかにも拉致問題が解決に向かって動き出すかのような話をしてみせたのだが。その話もうやむやのまま、消えてしまった。(>_<)>


 それゆえ、もうここは、トランプ大統領に頼み込んで、実現するしか手がないのである。<ただ、その見返りが何かっていうのが、コワイのよね。(-_-;)>


* * * * * ☆


 トランプ大統領もその辺りのことはわかっていて、昨日の会見でも、わざわざ「拉致問題のことは、共同文書には盛り込まなかったが、話をした」と発表。
 夜になって、安倍首相に電話で報告をくれた時も、拉致問題の話をしていたという。(・・)


 安倍首相らは、報道陣にその報告を強調し、日朝首脳会談の実現に意欲を示しているのだが。うまく話が進むかはビミョ~なところだし。もし足元を見られた場合は、(ウラで?)とんでもない見返りを求められるおそれがあるだろう。^^;


<先に書くと、安倍首相らは、北朝鮮が1-2ヶ月前に「拉致問題は解決済みだ」と言っていたのを気にしていて。今回は、それを言わなかったということを強調しているのだが。mewは、もしかしたら、トランプ氏か周辺が「『解決済み】という言葉は使わない方が得策だ」とアドバイスしている可能性が否定できないと思う。^^;>


『安倍首相 拉致問題解決“直接交渉"に意欲


安倍首相は、トランプ大統領から米朝首脳会談について電話で報告を受けた。安倍首相はその上で、拉致問題の解決に向け、北朝鮮との直接交渉に改めて意欲を示した。


安倍首相「(拉致問題に関する)私の考えについては、トランプ大統領から金正恩委員長に明確に伝えていただいた。トランプ大統領の強力な支援をいただきながら、日本が北朝鮮と直接向き合い、解決していかなければいけない」


安倍首相は、トランプ大統領からの報告について、詳細を明らかにしなかったが、ある政府関係者は「拉致問題への取り組みについて金委員長からしかるべき反応があったそうだ」と述べている。


また、安倍首相は「金委員長が完全な非核化について明確に約束した意義は大きい」と評価した上で、非核化は「迅速に進めなければならない」と強調した。(NNN18年6月13日)】


* * *   * * *


『「解決済み」言及せず=拉致問題で金正恩氏―日朝会談を本格模索・政府


 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が12日の米朝首脳会談でトランプ米大統領から日本人拉致問題を提起された際、「解決済み」とする従来の立場に言及しなかったことが13日、分かった。


 安倍晋三首相側近の萩生田光一自民党幹事長代行が、米政府から日本政府に伝えられた内容として記者団に明らかにした。日本政府は前向きに捉えており、日朝首脳会談を本格的に模索する方針だ。


 首相は12日夜にトランプ氏と電話で会談し、米朝会談の内容を聞いている。13日に会った萩生田氏に、トランプ氏からの報告内容を説明した上で、「北朝鮮に拉致された全ての国民を何としても日本に取り戻し、家族と会わせる。自分の責任でしっかり解決する」と強調した。


 首相は14日に拉致被害者の家族と面会し、こうした決意を直接伝える考えだ。


 政府は14、15両日にモンゴル・ウランバートルで開かれる国際会議に外務省幹部を派遣し、北朝鮮当局者との接触を模索する。北朝鮮側の出方によっては、9月にロシア・ウラジオストクで開かれる「東方経済フォーラム」で首脳間対話を探る案も出ている。西村康稔官房副長官は記者団に「北朝鮮が(日朝交渉を)拒否することはないだろう」との見方を示した。


 ただ、金氏に拉致問題解決の意思があるかどうかは読めておらず、政府は真意を慎重に見極める構えだ。


 拉致問題は2002年に被害者5人が帰国して以降、目立った進展がない。北朝鮮はこれまで、帰国していない政府認定の拉致被害者12人のうち8人は死亡し、4人は入国していないと主張。政府はこれを受け入れず、「全ての拉致被害者」の即時帰国を求めている。


 日朝両政府は14年、拉致被害者の再調査を柱とするストックホルム合意を結んだものの、北朝鮮は16年に一方的に中止を宣言。以来、日朝関係はこう着状態が続いている。(時事通信18年6月13日)』


* * * * *


 もう一つ、日本が「きいてないよ~」と慌てているのが、米韓軍事演習の凍結の話だ。(・・)


 トランプ大統領が、その理由として「軍事費用が節約できる」とかいかにも商売人らしいことを言ってたのが印象的なのだけど。
 mew個人は、日本も含め、あまり軍事演習がエスカレートするのは好ましくないと思っているものの、トランプ氏や米国の一部だけで勝手に計画を変えてしまうことは、安全保障上、望ましくないことだと思われ・・・。日本は、その点においても、きちんと対応して行かなければなるまい。(・・)


『米韓軍事演習凍結に驚き=戦力削減への伏線か―防衛省


 米朝首脳会談後の記者会見でトランプ大統領が12日、米韓合同軍事演習を凍結すると発言したことは、防衛省・自衛隊にとっても予想外で、波紋を広げた。
 制服組からは「合同演習は対北朝鮮への圧力だけでなく、部隊の能力を維持する上で不可欠。正直驚いた」との声が聞かれた。


 ある自衛官は「有事に即応するには韓国軍との訓練が欠かせないはずだ。北朝鮮が非核化に向けて何ら行動していない段階で、合同演習を当面中止して大丈夫なのか」と話した。


 トランプ大統領は実施しない理由に経費節減を挙げた。また、在韓米軍撤収にも言及しており、防衛省幹部は「将来の在韓米軍削減への道筋を付けるのではないか」と指摘。その上で「在韓米軍の動向や体制は北東アジアの安全保障や日本の防衛力整備に大きな影響を与える。トランプ大統領の発言を精査する必要がある」と話した。(時事通信18年6月12日』


『小野寺五典防衛相は13日、トランプ米大統領が12日の記者会見で米韓合同軍事演習の中断や在韓米軍の縮小・撤退に言及したことについて「米韓演習や在韓米軍は東アジアの安全保障に重要な役割を持っている」と懸念を表明した。北朝鮮に対し「今の圧力を続けていく姿勢に変わりはない」とも述べた。防衛省で記者団に語った。小野寺氏は今月下旬に来日予定のマティス国防長官に圧力維持を働きかける方針だ。【秋山信一】(時事通信18年6月14日)』


 何だか日本は、すっかりカヤの外に置かれている上に、トランプ大統領と金委員長らに振り回されぱなしの感じがあるのだが。<今回は書かなかったけど、輸入関税の問題だってあるしね。>
 
 この際、外交面でもダメダメの安倍首相に辞めていただくのが、一番うまく行くのではないかと思うmewなのだった。(@@)
                THANKS 
 


                       

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)









↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"