12日ドナルド・トランプ米大統領と金正義恩北朝鮮労働党委員長は、シンガポールで史上初の米朝首脳会談を行い、共同声明に署名した。
 声明にはトランプ大統領が、「北朝鮮に対して安全の保証を提供することを約束」し、金委員長は、「朝鮮半島の完全な非核化に向けた堅固で揺るぎない決意を再確認し」、/靴靴な督関係を樹立する、朝鮮半島に永続的で安定した平和体制を築くため協力する、K鳴鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向けて取り組む、だ鏤疥此」行方不明者の遺体の回収を表明した。
 北朝鮮の非核化問題が、朝鮮半島の非核化にすり替えられ、「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)という言葉は盛り込まれなかった。非核化の時期や具体策にも触れていない。
 北朝鮮の求めてきた体制の保証も、非核化も、経済的な裏付けとなる経済支援は、米国は負担せず、日本や韓国が負担するだろうとしているので、それに対応して米国の求めてきたCVIDに応じないとしたのであろう。米朝相打ちである。
 今後、北朝鮮の非核化のCVIDを求めて国際原子力機関(IAEA)などによる核施設の凍結と査察、核兵器や核施設の解体・廃棄や国外搬出といったプロセスが段階ごとに条件闘争が行われ長期化することになる。しかも、朝鮮半島である以上、米軍の撤退も絡むことになる。
 しかも、米国は、北朝鮮と違って、北朝鮮の体制保証は独裁国でも無いのでできようがない。国民、議会の協力が得られない。ましてや北朝鮮に介入することもできない。
 北朝鮮は、米国と対等な会談ができたことで国際的な威信を高めることができ、核を持ちながら制裁緩和の道筋を付けることができた。領導芸術、褒め殺し、トランプ大統領の自慢(自称交渉上手)に付け込み、会談に持ち込んだ。
 結局、トランプ大統領、米国第一にとって北朝鮮の核問題は、世界秩序維持のためのコストではなく、米国の負担するコストではなく、日本や韓国が負担すべきコストだといういうことである。
 世界の警察官覇権国家としての自負のないトランプ大統領にとって、北朝鮮の核問題はこの程度の扱いでしかない。
 だから米朝首脳会談を成功と自画自賛自慢するのである。
 米国に協力する建前とともに、日本も自力本願、自分でできることをすべきである。

注:大木聖馬、中島健太郎「米朝『非核化』確認」、中島健太郎、大木聖馬「非核化課題残す」、「米朝首脳共同声明の全文」『読売新聞』2018年6月13日
  「トランプ、自縄自縛」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/66252210.html
  「トランプ、米朝首脳会談変更なし」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/66247368.html
  「トランプ、北を信用?」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/66178065.html