『いなり、こんこん、恋いろは。』などで知られるアニメ制作会社「プロダクションアイムズ」が破産手続きへ

アニメ『いなり、こんこん、恋いろは。』やアニメ『俺、ツインテールになります。』などで知られるアニメーション制作会社・プロダクションアイムズが、債務整理手続きに入ったことが分かりました。


東京商工リサーチによると負債は現在調査中で、関係筋は今後について「破産手続きを念頭に置いた法的整理を視野に入れて対応する。」とコメントされています。





制作費用や下請業者への支払いといった資金需要が増すなかで、売り上げが伸び悩み資金繰りが悪化。2017年12月には一部スタジオを縮小するなどのリストラにも取り組まれていましたが、経営も限界に達し今回の措置に至ったとのこと。


プロダクションアイムズが手がけた作品は『デート・ア・ライブII』『城下町のダンデライオン』『たくのみ。』『ハイスクール・フリート』など。


制作協力アニメには『ドリフェス!『ひとりじめマイヒーロー』『戦刻ナイトブラッドなどがあげられます。


6月9日ごろから、一部関係者のもとへ「貴社ないし貴殿への支払いが不能となりました」との通知が届きはじめたことからTwitterなどで話題になっていました。



東京商工リサーチ

http://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20180611_01.html



関連記事

『家庭教師ヒットマンREBORN!』『蟲師』などで知られるアニメ制作会社アートランドが倒産