生卵のパッケージと言ったら、せいぜいプラスチックか紙くらいのもの。物心ついた時からあのカタチだし、今もずっとそのまま。

割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?と、新たなクリエイションに乗り出した「Eggscetra」。

完全フラットになる
新発想のエッグホルダー

割れやすい卵を衝撃から守るため、卵全体を包み込む構造。ここは変わりないのですが、Eggscetraは広げれば1枚の紙。これで大丈夫?と不安に思えるのも無理はありません。

でも、このフラットになることにじつは大きな意味がありました。

繰り返し、何度でも使える

使いたい時だけパタパタっと組み立て、普段は折りたたんでケースの中へ。肝心のホールド力もあるみたいだし、紙製でもかんたんに割れたりはしないそう。あまりたくさん積むのはちょっと危険でしょうが、2つ3つくらいへっちゃらだっていうし。

何より、使い捨てではなく何度でも使えるという感覚も良いじゃないですか。

Licensed material used with permission by Marmik Patel