嘘バレ

■カマバッカ王国

モーリー「サボくぅ~~ん!元気にしてたァ?」

サボ「ぎゃああ!こっちくんなァ!」

モーリー「そんなにニヤけるほどあたしと会うのが嬉しかったなんて!モーリー感激ィ~~」

サボ「違うんだ!これはルフィの奴がッ…」

コアラ「…」

イワンコフ「相変わらず元気そうね…モーリーボーイ」

ベティ「ところでそこのヒゲオヤ…いやドラゴンさん 新聞を見た時は心配しました」

 

「まさか黒ひげたちにバルディゴの場所がバレるとは」

ドラゴン「そうだな 私も想定外だった」

「だが今回の事件が新聞に流れたことで 敵は油断しているだろう」

「逆に作戦がやりやすくなるはずだ」

 

リンドバーグ「それにしても天竜人に宣戦布告だなんて興奮するぜ!マリージョアを破壊でもする気か?」

「だったらまかしとけ!オイラの新兵器をちょうど試したかったところでさ!」

カラス「…ボソ……ボソ」

リンドバーグ「だから拡声器つけろってんだろカラス!」

ドラゴン「確かにその通りだ」

リンドバーグ「聞こえてるしッ!?」

ドラゴン「いや…世界会議には各国の王族たちも参加している」

「武力行使で彼らを危険にさらすわけにはいかない」

リンドバーグ「それじゃあどうする気で?」

ドラゴン「マリージョアに現在囚われている奴隷たち」

「彼らがいったい何人いるか知っているか?」

ベティ「?…いえ」

ドラゴン「およそ3万人だ」

ベティ「……!!」

ドラゴン「世界会議の日……」

「我々革命軍はマリージョアの奴隷たちを全て解放する」

一同「!!」

ドラゴン「これが宣戦布告の合図だ」

 

■聖地マリージョア

天竜人の子供「え~~~ん!父上~~母上~~!!」

天竜人母「んまァどうしたのザマすセバスチャン!おケガでもしたのザマすか?」

天竜人父「ケガだと!?それは大変だえ!おいすぐに医者をよぶんだえ~~!」

天竜人の子供「違うえ…冷蔵庫に入ってたおれのおやつを…奴隷の奴が食ったんだえ!!」

子供の奴隷「……」

天竜人父「貴様…!奴隷の分際で」

ドガッ

子供の奴隷「!!びええええ~~っっ!」

奴隷父「お待ちください!!」

天竜人父「!!」

奴隷父「申し訳ありません!この子はまだ小さく…!そう言った判断が出来ないもので…罰なら私が受けます!だからどうか…」

天竜人父「どけェ!!」

ドガッ

パン  パン

子供の奴隷「!!」

銃で撃たれる子供の奴隷

メイド「きゃああああっっ」

奴隷父「ケリー!!!」

天竜人の子供「やったえ!パパ!ありがとうだえ!」

天竜人父「ふん…奴隷の分際でわれわれ家族に迷惑をかけるとは」

「生意気にもほどがあるえ」

奴隷父「……」

天竜人の子供「そうだ父上!今日は奴隷共の格闘大会を見に行く約束だえ」

天竜人父「おおそうだったえ おい!出かけるから準備をしろ!」

部下「かしこまりました」

 

マリージョアには日々多くの奴隷が連れてこられる

戦争で捕虜となったもの ヒューマンショップで売られたもの 街中で無理やり連れてこられたもの

大半は普通の奴隷となるが…

力自慢や戦闘能力に長けたものは、月に一度行われる格闘大会に参加させられていた

闘犬をモデルにしたこの大会は「闘人」と呼ばれ

どちらかが死ぬまで戦わされる

日々退屈を持て余す天竜人の娯楽となっていた

グサッ

奴隷A「ぎゃああああっっ!!」

奴隷B「ハァ……ハァ……」

天竜人A「くそっ!おれあいつに賭けてたのに敗けやがって…使えない奴だえ!」

天竜人B「ふふん~♪これで今日は3連勝だえ」

天竜人C「おおっ次はいよいよあいつが来るえ!」

 

マリージョアにはこの闘人でこれまで50回以上勝ち残っている男がいた

奴隷「ぐわああああっ」

バタッ

男「………」

天竜人D「おおお~~~っ!!」

天竜人E「やっぱりあいつが勝ったえ~~!絶対我が家に欲しいえ」

天竜人F「せっかく大穴を狙ったのに面白くない奴だえ」

彼の名は「コナン」

コナン「……」

子供のころ両親を目の前でころされ

このマリージョアに連れてこられた

類まれな戦いのセンスと 奴隷仕事で身に付いた力によって この大会で連戦連勝を続けている

コナン「……」

「なぁヴァレリア…」

ヴァレリア「ん?」

コナン「おれ…決めたよ」

ヴァレリア「何をだ?」

コナン「世界会議の日…おれは天竜人の首を取りにいく」

ヴァレリア「!?」

■天竜人へ牙をむく男たち…!