緑色の髪の子。

神奈川県が訪日外国人を対象に無料のスマートフォン貸し出しサービスを行っているそうです。
が、今年2月から3月にかけてこのサービスの利用者わずか20人にとどまっているのだとか。
問題のサービスは神奈川県が実証実験を行っているもの。
訪日客を対象に無料でスマートフォンを貸出し、通話料や通信量は県が負担。
スマートフォン300台を準備し、箱根や横浜、鎌倉などの観光案内所で利用受付を行っていたそうです。
しかし1ヶ月半の実験期間で利用者はわずか20人。
ほとんどの訪日客は自分のスマートフォンを持っており、実質2台目となるこの端末は需要が殆どなかったのだとか。
県では今年度にも本格導入を予定していたものの、この結果を受けて計画を見直す方針とのこと。
ここまでくると逆に利用した20人の方々が一体どういう使い方をしたのか気になりますね。