AKB48の稲垣香織(20)が、1日にさいたまスーパーアリーナで行われたコンサートの夜公演中、ステージ下に落下して後頭部を骨折していたことが2日、グループの公式サイトで発表された。

 関係者によると、稲垣は最後の曲の歌唱中、サブステージからアリーナの外周に設置された通路を通ってメインステージに戻る途中、客席に向けて手を振りながら歩いていた際に足を踏み外し、約2・7メートル下の床に転落した。床にはマットなどは敷かれていなかったという。

 終演後、すぐにさいたま市内の病院に搬送され、検査を受け入院。後頭部の骨折以外に異常は見当たらなかったが、2日に再検査を行った。意識ははっきりしており、会話も可能な状態だが、当面は治療に専念するため、活動を休止することも発表された。

 前日の3月31日には、同所で行われた姉妹グループ・HKT48のコンサートで、秋吉優花(17)がステージから落下し、足の指を骨折したばかり。運営担当者はデイリースポーツの取材に対し、「今後は改めて、安全管理をより強化する」と回答した。

 グループ総監督の横山由依(25)は2日、自身の公式ツイッターで「一生懸命やることが事故の言い訳になる訳ではありませんが、私たちは全力でやっている分、危険がそばにあるんだということを再認識しました」とし、「事故防止策をスタッフの方々と改めて練り、再度、全力パフォーマンスをみなさまにお届けしたいと思います」とつづった。

 一方、HKT48・指原莉乃(25)は同日、自身のツイッターで、「本人たちは絶対に自分の不注意だってわかってるから。。なんでも運営運営っていうのは違うんですよねえ。。」と、運営を批判するファンの声に釘を刺した。