23日夜、富山県射水市で保育園から帰る途中だった5歳の男の子が軽乗用車にはねられ死亡しました。軽乗用車は3月、免許を取ったばかりの女子高校生が運転していて、警察は当時の状況を詳しく調べています。

23日午後6時すぎ、富山県射水市小島の県道で近くに住む久保大和くん(5)が走ってきた軽乗用車にねられました。大和くんは病院に搬送されましたが、頭などを強く打っていて、約1時間半後に死亡しました。

大和くんは現場から400メートルほどのところにある保育園に通っていて、警察によりますと、この日は、迎えに来た親に「1人で帰る」と言ったため、先に自宅に戻っていたということです。

現場は幅が5メートルあまりの片側一車線の見通しのよい直線道路で、 自宅までは100メートルほどの距離だということです。

軽乗用車を運転していたのは3月、卒業式を終えた県内の高校3年生の女子生徒(18)で車には友人の高校生1人が乗っていましたが、いずれもけがはありませんでした。

警察によりますと、女子生徒は3月、免許を取得したばかりだということで、当時の状況を詳しく調べています。
d50b6746-s
そもそも迎えに行った親は何をしてたんだ?
行き帰りのそういう危険を小さい子供では回避しきれないからの送り迎えだと思うんだが・・・。