高すぎ? 「auひかり ホーム」解約時の撤去費「2万8800円」の理由 「拒否したら賠償金」の記載は「修正する」とKDDI ~ ITmediaニュース
KDDIのFTTHサービス「auひかり」の戸建て向け「auひかり ホーム」で、3月1日以降に新たに契約したユーザーは、解約時に必ず、設備の撤去費用2万8800円(税別、以下同)を払わなくてはならなくなったことが、ネットで物議をかもしている。
2月までに契約したユーザーは設備の残置(費用なし)も選べ、撤去する場合の費用も1万円で済んだが、3月以降は残置が選べなくなり、撤去費用も3倍近くに値上げされたのだ。また、撤去を拒否した場合は「賠償金を請求する」と、Webサイトに記載されている。

やっと戻ってきてかと思えるようなお話。

確か昔、光ファイバーを引けるようになった初期の頃は、こういった工事はここで請求される
ような金額だったように思います。2万5千円とか、そんな感じでした。
なので、この撤去費用の28800円というのは分からない金額では有りません。

しかしながら、光回線業者同士の競争が激しくなった結果、工事費無料というのが常識化していきました。
なのでこの徴収に、「今さら何を言ってるんだ」とは思います。

またタイミングが悪い。
牛丼屋や百均のものをばら撒いているタイミングでやるべきことでもないと思うのですよね。
KDDIは携帯部門でそんなばらまきをしていながら、光では苦しくなって工事有償化かとやっぱり
思ってしまいますよね。光に携帯は関係ないと言えばそれまでですが、運悪く、KDDIは一つの
会社で纏まっていますからね。携帯部門の収入がMVNOやらばら撒きやらで渋くなった分、
光部門で埋め合わせをしようとしているんじゃないの?って思っちゃいますよね。


しかも解約時に28800円とか、それどこの「ボッタクリバー?」って思ってしかいますよね。