ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が、いよいよ3階級制覇に挑戦が決まった。
5月25日に東京・大田区総合体育館で、WBA世界バンタム級王者ジィミー・マクドネル(31=英国)に挑戦することが、6日に都内で発表された。井上はすでに同級1位にランク入りしていた。国内から6人目の3階級制覇達成を狙う。
井上はバンタム級でのスタートで、5度防衛で人気のある王者を相手にタイトル戦となった。「すごくうれしい。モチベーションが上がった」とビッグマッチ実現にもろ手を挙げて喜んだ。
この階級には「日本のファンになじみもある。ボクも小さいころから見ることが多かった階級。このステージが楽しみ」と話した。1・3キロのアップになるが「その中で練習量も筋肉量も増やせ、幅も広がる。今の体にあっている」とベストウエートを強調した。
さらにスーパーフライ級では7度防衛したが「それ以上を防衛したい。デビューから言ってきた、具志堅さんの13度防衛を更新したい」と、堂々と日本新記録達成まで宣言して見せた。
マクドネルは14年5月に王座決定戦で世界初挑戦して王者となった。昨年11月にはバッティングで試合続行不可能となり、無効となったのが最新試合。それまで5度防衛に成功し、ボクシングが盛り上がっている英国の中でも人気がある。
身長が178センチ、リーチが183センチと、井上はいずれも13センチと14センチ劣る。「そこだけを気にして練習していきたい。正統派で後半まで粘るボクサー。足腰、体を強化し、似た選手とのスパーを積んでいく」という。父の真吾トレーナーは「懐も深い。距離をキープしての出入りが大事」と話した。
大橋会長は「チャンスがあれば誰でも思っていた。即決した。減量の苦しみが和らぎ、より強い井上が見られる。興奮している」と、ジムからは八重樫に続く3階級制覇を確信していた。

■“モンスター”狩りを宣言「最高の選手からタイトルを守る」
井上を迎え撃つWBA王者マクドネルがツイッターを更新 「タイトルを守るために日本へ向かう」
プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)が5月25日(大田区総合体育館)にWBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦で、同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦することが決まった。2014年に同級王座を獲得して以降、亀田和毅を2度破るなど、6度防衛中の強豪マクドネルは自身のツイッターを更新。「ナオヤ・イノウエという最高の選手からタイトルを守るために日本に向かう」とつづり、モンスターを返り討ちにすることを誓っている。
「ナオヤ・イノウエというパウンド・フォー・パウンドにおける最高の選手からWBAの世界タイトルを守るため、日本に向かう」
英国で人気の強豪王者が打倒“モンスター”に燃えている。井上という最強の挑戦者を迎えるマクドネルは、自身のツイッターにこう書き込んだ。
「それは、ベストな君を相手に、ベストな自分が、地球上で最もベストなバンダム級であることを示す上でベストな戦いだからだ。5月25日に、それを証明してみせよう」
バンタム級は、かつて“黄金のバンタム”と言われた強豪の集まる激戦区。マクドネルは「ベスト」というフレーズを何度も繰り返し、バンタム界での最強を証明するつもりのようだ。
今や世界中から注目を集める存在となった井上。マクドネル戦を巡っては、正式決定前から米メディアでも報道されており、「彼(マクドネル)はボクシング界で最高のボクサーの1人に敗れることになるだろう」と伝えられたほど。戦前の予想では井上が有利とされているが、それでもマクドネルは王座防衛に自信があるようだ。

■井上尚弥、マクドネルを過去最強の敵と認める
東京・大田区総合体育館にて、井上尚弥(24=大橋)がWBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(31=イギリス)に挑戦することが3月6日(火)都内で行われた記者会見で発表された。
記者会見終了後には、記者との囲み取材にリラックスした表情で応じた井上。「階級を上げると考えたのはこの前の試合が終わった時(2017年12月)で、スケジュールが空いているチャンピオンがマクドネルしか見当たらなかったからWBAかなと思いました」と、マクドネルとの試合は想定していたという。
ボクシングのデータベースサイト『Boxrec.com』によれば現在バンタム級で最も評価の高い王者であるマクドネルは、過去最強の相手ではないかとの問いに「自分でもそれは分かります。だからこそやりがいがありますし、モチベーションも高いです」と認めながらも、「これを獲った段階でさらに上にチャンピオンがいるわけです。そこ(どちらが強いか)を一番はっきりさせたいです」と、WBAスーパー王者&IBF王者ライアン・バーネット(25)との対戦をすでに視野に入れているようだ。
マクドネルの試合映像は、亀田和毅戦とリボリオ・ソリス戦の2試合を見たと言い、「隙はかなりあります」とズバリ。「ソリスとの試合を見ても、簡単に中へ入れてくれます」とし、「身体は丈夫ですね。ただ、ボディだけは誰がもらっても効くので」と得意のボディブローが攻略のカギになると話した。
また、約14cmの身長差に関しても「身長が高くても重心を落として前屈みに構えるので。それでもかなり身長差はあるけれど、戦い方的には変える必要はないのかなと思っています」とスタイルを変えることはしないと言い、「身長の高い選手を(スパーリングパートナーに)選んでやっていきたい」とした。4月上旬に予定されている合宿ではバンタム級で通用する身体作りを中心に行う。
記者会見では具志堅用高・白井具志堅ジム会長が保持する世界王座13度防衛の日本記録を更新したいと語った井上だが、「バンタム級で数をこなしていく中での通過点でもあります。何十年も破られていない記録を破るのはひとつの目標です」と言ってのけた。
「プレッシャーを力に変えていける性格なので、プレッシャーをかけてください」と笑う井上。やはり全てが規格外のモンスターだ。

■井上尚弥、山中倒したネリ戦にも意欲
5月25日(金)東京・大田区総合体育館にて、井上尚弥(24=大橋)がWBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(31=イギリス)に挑戦することが3月6日(火)都内で行われた記者会見で発表された。
WBC世界ライトフライ級王座、WBO世界スーパーフライ級王座(本日付けで返上)と2階級を制覇したモンスターが、いよいよ3階級制覇の偉業に臨む。
バンタム級といえば、3月1日(木)東京・両国国技館で行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチで、山中慎介(35=帝拳)が2回TKOでルイス・ネリ(23=メキシコ)に敗れたばかり。
計量オーバーして王座はく奪、試合では山中(右)にTKO勝ちしたネリ(左)
井上は記者会見終了後の囲み取材にて「バンタム級は長谷川(穂積)さん、辰吉(丈一郎)さん、山中さんなど日本のレジェンドである先輩方が王者として君臨していた階級なので」と、バンタム級転向にワクワクしていると言い、続けて「本当は緑のベルトに行きたかった」と緑色のベルトで知られるWBC王座に挑戦したかったと話した。
山中vsネリ戦は会場で観戦していたという井上。「試合だけを見ればネリの若さ、勢いが目立ちましたが、試合をする前の時点で納得はしていません」と、やはりネリが体重オーバーで試合をしたことについて納得がいかないという。
会場からファンに「井上、お前が倒せ」と声をかけられたことについて、「聞こえていました。出来ることならやりたい。でも、そもそも試合が出来る状態にしてもらわないと、また同じことの繰り返しになる。いくらやりたくても、ルールを守ってもらわないとボクシングという競技にならない」と、ネリとは戦いたいがルールを守った上でと釘を刺した。
それでも「それとは関係なしに(ネリと)やりたい気持ちはある」と、山中の弔い合戦ともなるネリとの対戦へ意欲を燃やしていた。

■井上尚弥がバンタム級タイトル戦に挑戦
バンタム級タイトル戦でマクドネルと対戦決定…SNSで報告「試合までの時間を全力で」
プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)が5月25日(大田区総合体育館)にWBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦で、WBA同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦することが決まった。井上は自身のインスタグラムでも報告。3階級制覇の「3」ポーズの写真を公開し、決意をつづり、ファンから激励が殺到している。
モンスターが3階級制覇に向け、ついに動き出した。井上はこの日行われた会見後にインスタグラムを更新。5月25日にタイトル挑戦することを報告した上で「遂に三階級制覇に王手…。試合までの時間を全力で過ごします!」と決意をつづり、1枚の画像を掲載している。
会見で金屏風の前に立った井上。グレーのスーツをビシッと決めた24歳は右手で拳を突き出し、左手で「3」のポーズを作って3階級制覇に意欲を示している。表情は穏やかながら、内なる闘志が感じ取れる。
待望のバンタム級タイトル戦決定に対し、ファンも「ついにですね!!」「絶対いけます!」「日本の宝の井上選手バンタム級でも大暴れしてくださいね」と激励の声が殺到している。
マクドネル戦を巡っては米メディアでも以前から注目されており、「彼(マクドネル)はボクシング界で最高のボクサーの1人に敗れることになるだろう」と早くも井上のKO勝ちを予想されていた。しかし、バンタム級初戦。モンスターに慢心はない。ただ、いつも通りのボクシングで相手をマットに沈めることに集中するだけだ。