気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2


イメージ 1
「国歌」斉唱で両手を前に組んで口を閉ざしたままの日本共産党の小池晃

-------------------------
【炎上】共産党「国歌を全員で歌うのを強制するな!在日コリアンと宗教信者に配慮しろ」
共産党の宮本徹議員が国会で変なことを言い始めた。日本の政治家であるにもかかわらず、なぜか日本の立場に立っていない意見を怒り混じりに訴え始める。
 
宮本徹「教育出版の2年生の教科書。驚いたのは、新しい文章では『国歌が流れたらみんなで一緒に歌います』と書かれてます。そして写真もみんなで歌っている写真に変わりました。在日コリアンの人だとか、宗教上の理由歌いたくない人もいるわけですよね。道徳教科書で『国歌が流れたらみんなで一緒に歌います』と教えるのは、国旗国歌法の審議の際の答弁に反するのは明快じゃないですか?」

イメージ 2
 
日本の教科書なのだから「みんなで国歌を歌う」という一文があっても何ら不自然ではないのに、わざわざケチをつけるのはなぜだろうか?
 
2つ挙げた理由のうち、「宗教上の理由で歌いたくない人もいる」というのはいかにも取ってつけたような理由であまり現実的でないように思える。
 
思えば共産党の小池晃議員は国歌斉唱の最中、口をつぐんでいたどういう理由で日本の国歌を歌わないのか説明してほしい。
(平成30616netgeek
-------------------------
 
どこの国の国民も、自分の国の国歌は誇りをもって歌う。
 
国歌を「歌いたくないから歌わない」というようなことは言わない。
 
日本の国歌を「歌いたくない」というのは「私は日本人じゃない」と言っていると同じである。
 
日本共産党の小池晃は国歌斉唱で口をつぐんだまま無表情である。この姿を見て日本国民はどう思うか?
 
同じく日本共産党の宮本徹(戸籍名:染矢徹)も「国歌が流れたら皆で歌え?在日コリアンの方々に配慮しろよ」として、歌いたくなければ歌わなくてもいい、という反国家的な考えを展開した。
 
我が国の国歌は在日朝鮮人のためにあるわけではない。日本人の国歌なのである。在日のために余計な配慮をする必要は全くない。
 
そもそも、共産党というのは国家破壊の「革命」を目的とした集団である。だから今も国によっては共産党の結成を禁止している国がある。
 
日本共産党も、大正時代にコミンテルンの指令で「コミンテルン日本支部」としてできたのが始まりで、その目的は「天皇制打倒」、つまり日本で革命を起こして天皇陛下を殺害して、日本を共産主義国家にするために出来たものだ。
 
日本共産党革命左派所属の永田洋子や森恒夫ら幹部の意見は無条件で「異議なし」と答えなければならない。少しでも幹部の気に入らない言動をとると「革命意志が足りない。共産主義戦士の自覚が足りない」と死ぬまで殴られ、もし幹部に疑問を呈したら「公安のスパイだ」と決めつけられて殺害された。
 
これが群馬県榛名山アジト12名リンチ殺人である。この残党があさま山荘に行って事件を起こす。
 
このアジト事件が国家規模になった国がシナや北朝鮮である。日本共産党が目指す国はこういう国であることを我々はよく覚えておかなければいけない。
 
大体、リンチ殺人をした殺人犯(宮本顕治)を党首にしたのは日本では共産党だけである。
 
コミンテルン解散後にソ連はコミンフォルムを設立するが、昭和23年、ソ連は欧州とアジア各国の共産党に1213丁の銃で武装し、発電所や送電線や送電施設を破壊し、反動的人物を暗殺せよ」と指示した。
 
これは昭和23年の米軍第971諜報部隊(CIC)の報告書にもあるが、昭和51年、産経新聞は「共産党が延べ1800丁もの銃を保持していた」ことを警察庁防犯部筋が明らかにしたと報じた。
 
以前、日本共産党の国会議員は、国会開会で天皇陛下をお迎えして行われるのに反発して、常に欠席していた。
 
今はそれが批判されたので出るようにしているが、それは表面だけの騙しである。
 
国歌「君が代」も歌えないことも含めて、今も日本共産党の目的は「天皇制打倒」なのである。
 
暗殺指令され、國體破壊を目的にした、きれいごとで国民を騙す破防法の調査団体である日本共産党に関しては、我が国も共産党を禁止するべきである。
 
また公務員や議員は国歌斉唱を起立して斉唱出来ない者は採用できないようにするべきである。

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
日本人ならば国歌斉唱する、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2